オシャレな施設の部屋

競売物件の仕組み

リフォーム中の部屋

住宅ローンなどが滞りますと物件が競売にかけられることになります。その流れとしては、まずは金融機関から、その警告が来ることになります。いきなり、ということもあるのですが、まずは話し合いをするわけです。ローンの支払いを戻すことができる見込みがあるならば、意外と待ってくれることもあります。或いは、話し合いで競売ではなく、任意売却にする流れになるときもあります。 ちなみに競売に参加することも当然ですが、できます。競売はとても安く買うことができる可能性がありますから、人気があります。参加の流れですが、まずは登録をします。 誰でもすぐにできるわけではないのです。保証金が必要であったりしますし、その後、入札をして、落札をしたら次は契約の流れになります。

不動産競売で、入札がなかった物件は、一旦流れという扱いになります。その後、特別売却期間中に再度、入札の募集がかかります。 一旦流れたt競売物件は、特別売却期間中であれば、競ることなく、売買基準価格で購入が可能になります。 しかし、この特別売却期間で買い手がみつからなかった場合、更に売却基準価格を下げて再度、不動産競売にかけられます。 再度、不動産競売にかけられ、またしても入札がなか流れた場合、再び特別売却期間に入ります。 これは、不動産競売にて落札されるまで繰り返されます。つまり、競売の不人気物件は入札が入りにくく、流れることがありますが、しかし、これを繰り返せば、徐々に売却基準価格が下がり、かなり格安でてに入れられることもあります。